育毛剤と育毛シャンプーの違い

育毛剤と育毛シャンプーの違い

近年では薄毛に悩む人が増えており、育毛剤や育毛シャンプーもさまざまな商品が販売されています。育毛剤と育毛シャンプーはどちらも頭皮に直接塗付するという使い方をするものであり、成分も似通ったものが多く、混同されることがあります。

しかし、育毛剤と育毛シャンプーの持つ役割は少し異なります。育毛剤というものは、血行促進、男性ホルモンの抑制、頭皮の炎症の抑制、栄養分の補給などの働きを持つものです。これにより、健やかな髪の成長を促すことができます。つまり、育毛時は髪が生えやすくなるように内側からケアする役割を持っていると言えるでしょう。
>>育毛剤おすすめランキング

育毛シャンプーというものは、頭皮に溜まっているフケやホコリなどの汚れを取り除き、頭皮の痛みや痒みを抑える働きを持つものです。これにより、頭皮環境の正常化に繋がります。つまり、育毛シャンプーは髪が抜けにくくなるように外側からケアする役割を持っていると言えるでしょう。

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

上述した育毛シャンプーの役割は普通のシャンプーと同じだと思う人もいるかも知れません。しかし、普通のシャンプーには防腐剤、香料、界面活性剤などが大量に使用されており、それによって洗い上がりの爽快感を得ることはできるのですが、頭皮に与える刺激は非常に大きいという性質があります。薄毛で悩んでいる人のほとんどは頭皮に何らかのトラブルを抱えているので、普通のシャンプーの使用は適さないことが多いです。

これに対して、育毛シャンプーは泡立ちなどはあまりよくないものの、頭皮に優しく働きかけるので、敏感肌や乾燥肌の人も安心して使用することができます。

育毛剤と育毛シャンプーの併用

薄毛に悩んでいる人はなによりも髪が生えてくることを望んでおり、真っ先に育毛剤を使い始めがちです。しかし、頭皮のトラブルを抱えたまま育毛剤を使用しても、十分な育毛効果を得ることはできません。むしろ、育毛剤の使用によって更に痒みや痛みが強くなることもあります。そのため、薄毛対策としてはまず育毛シャンプーで頭皮環境を整え、それから育毛剤で育毛を促進させるという方法が効果的です。

経済的に併用が難しいという人は育毛剤だけを使用し、洗髪は低刺激の石鹸などを使用するように工夫するといいでしょう。なお、育毛剤と育毛シャンプーには効果が重複しているものもあるので、併用する場合は効果が重ならないものを選ぶ必要があります。

育毛シャンプーの副作用

育毛シャンプーに副作用はあるのか

育毛シャンプーは薄毛を改善・予防するためのさまざまな成分が含まれています。その成分による効果が副作用となって現れ、頭皮が荒れたり、髪が傷んだりするのではないかと心配する人は少なくありません。しかし、育毛シャンプーの主な役割とは頭皮環境を正常に保つことです。頭皮と髪に優しく働きかけるように作られているものが多く、副作用の心配がないもがほとんどとなっています。髪を生やす役割を持っているのは育毛シャンプーではなく育毛剤であり、育毛剤を使用する際には副作用には十分に注意する必要があります。

育毛シャンプーでも副作用が起きることはある

体質というものは一人一人異なります。一般的に体に緩やかに働きかけるとされている漢方薬であっても、体質によっては副作用を生じさせる可能性があります。それは育毛シャンプーについても同様です。体質や肌質に合わないと感じた場合、もったいないようでも使用は中断した方がいいでしょう。また、トライアルを利用して数日間試用をしてみるのもおすすめです。また、育毛シャンプーにも頭皮に悪影響を与える添加物が配合されているものはあります。特に、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸などの成分が含まれる育毛シャンプーには注意が必要です。これらの成分は髪を美しく整えるという働きを持っていますが、毛穴の詰まりによる頭皮の傷みや痒みなどを引き起こす原因となります。

育毛シャンプーは天然成分を配合したものがおすすめ

人為的に効果を引き出された化学成分は髪に対していい影響を与えますが、反面、さまざまな副作用を生じさせる危険性があります。薄毛で悩んでいる人のほとんどは頭皮になんらかのトラブルを抱えているので、刺激の強い育毛シャンプーの使用は向いていません。そのため、薄毛対策としては天然成分を配合した育毛シャンプーがおすすめです。天然成分を配合した育毛シャンプーのうち、アミノ酸系の育毛シャンプーは頭皮や髪を構成するアミノ酸を主成分としており、地肌に馴染みやすいという性質があります。普通のシャンプーを使っていると、シャンプーの洗い流しが付着する顔や背中にニキビなどの肌荒れを起こすこともありますが、アミノ酸の育毛シャンプーならばそうした心配もほとんどありません。もっとも、天然成分を配合した育毛シャンプーもやはり絶対に安全というわけではなく、体質によってはアレルギーなどが出る場合があります。インターネットのレビューなどでいくら高評価でも、鵜呑みにはしないように注意しましょう。

敏感肌の人は育毛シャンプーを使用できるのか

敏感肌とは

現代医学においては敏感肌は病気ではないとされています。敏感肌という病名は存在せず、血液検査などを行っても敏感肌と判断できるような数値が見られるわけではありません。一般的に、衣装による擦れなど、普通の人では特に問題がないような些細な刺激にも肌が敏感に反応してしまい、痛みや痒みを覚えたりする人のことを敏感肌と言います。敏感肌は体質、食生活、睡眠不足、ストレス、アレルギーなど、さまざまな原因によって引き起こされます。

敏感肌と育毛シャンプー

敏感肌の人はあらゆる外からの刺激に敏感になっています。冬場の乾いた風を受けただけで肌が乾燥してしまい、ひび割れから血が滲んでくるという人もいるほどです。そのため、ほとんどの敏感肌の人は洗顔料や化粧品の選択に慎重になっています。敏感肌で薄毛に悩んでいる人の中には、育毛シャンプーを使っても大丈夫なものかと心配している人も少なくありません。育毛シャンプーは普通のシャンプーと比べてさまざまな成分が配合されており、それが肌に悪影響を及ぼさないかと考えがちです。しかし、薄毛の人も敏感肌の人と同じく、頭皮になんらかのトラブルを抱えているケースが多いです。そのため、育毛シャンプーは頭皮環境の正常化を目的として作られており、頭皮に優しく働きかける低刺激のものが多くなっています。基本的に敏感肌の人でも問題なく使用することが可能です。

敏感肌の人におすすめの育毛シャンプー

育毛シャンプーのうち、敏感肌の人におすすめなのがアミノ酸系の育毛シャンプーです。シャンプーの洗い残しがあった場合、それが毛穴に詰まって頭皮を荒れさせる原因となります。しかし、アミノ酸系の育毛シャンプーは頭皮や髪を構成するアミノ酸を洗浄成分としており、仮に洗い残しがあったとしてもすぐに地肌に馴染んでいくので頭皮が荒れる心配がありません。アミノ酸系の育毛シャンプーは超低刺激であり、薄毛に悩んでいる人の他、敏感肌の人にもおすすめです。最近では敏感肌の人を対象としたアミノ酸系の育毛シャンプーも販売されています。その他、シリコンが配合されていると洗い上がりの髪が美しく整いますが、シリコンも毛穴に詰まってしまうことがあるので、基本的には育毛シャンプーはノンシリコンのものを選ぶようにした方がいいでしょう。もっとも、育毛シャンプーがいくら肌に優しく作られているからといっても、肌質により合う合わないは存在します。もったいないからといって使い続けず、違和感を覚えたらすぐに使用を中断した方がいいでしょう。

育毛シャンプーはノンシリコンのものを使おう

シリコンの入った育毛シャンプーのデメリット

男性の多くが薄毛の悩みを抱える今日においては、テレビや雑誌などで育毛シャンプーのコマーシャルが頻りに行われています。育毛シャンプーのコマーシャルで度々目にする宣伝文句の一つとして、ノンシリコンであることが挙げられます。そのため、感覚的にノンシリコンの育毛シャンプーというものはシリコンの入った育毛シャンプーよりも髪にいいものなのだと理解している人もいることでしょう。元々、ほとんどの育毛シャンプーにはシリコンが配合されていました。シリコンには髪にハリやツヤを与えるという働きがあるため、パサつきのある髪も美しくまとまり、洗い上がりの爽快感を得ることができます。薄毛の人には頭皮トラブルを抱えている人が多く、それによって髪が傷んでハリやツヤが失われていたため、シリコンの入った育毛シャンプーは高い人気を誇ったものでした。しかし、育毛シャンプーは髪には良い影響を与えるものですが、頭皮には悪い影響を与えるものです。シリコンが頭皮の毛穴に詰まってしまい、痒み、痛み、腫れなどを引き起こすこともあります。また、毛穴が詰まると血行も悪くなってしまうので栄養が十分に行き届かなくなり、髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりします。シリコン入りの育毛シャンプーを使い続けた結果、薄毛が発症してしまった、薄毛が悪化してしまったという人も少なくありません。こうした経緯を経て、薄毛に悩んでいる人は次第に育毛シャンプーの使用を避けるようになっていきました。

シャンプーの役割

本来、シャンプーというものは髪を綺麗にするものではなく、頭皮を綺麗にするものです。髪に付着したホコリなどの汚れは水洗いでもほとんど完全に落とすことが可能です。そのため、髪に働きかけるシリコン入りのシャンプーはシャンプーとしての本質から少し外れていると言えるかも知れません。

ノンシリコンの育毛シャンプーのメリット

シリコン入りのシャンプーには上述したようなデメリットがありますが、ノンシリコンの育毛シャンプーはこれらの問題点を全てクリアしています。それがノンシリコンの育毛シャンプーのメリットと言えるでしょう。ノンシリコンの育毛シャンプーでも十分に頭皮と髪を清潔に保つことは可能なので、薄毛に悩んでいる人にはノンシリコンの育毛シャンプーがおすすめです。現在髪が傷んでいても、頭皮環境を整えればハリやコシは少しずつ戻ってきます。

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーには主に洗浄成分と育毛成分が含まれます。洗浄成分とは髪を綺麗にしたり洗い上がりのサッパリとした感覚を与えたりする成分であり、育毛成分とはさまざまな働きかけによって髪の成長を促す成分のことです。そして、育毛シャンプーはアルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に大きく分類されます。市販されているシャンプーとしてはアルコール系シャンプーがもっともメジャーなものです。アルコール系シャンプーはドラッグストアやスーパーマーケットなどで大量に販売されており、愛用者も多く見られます。アルコール系シャンプーには洗浄成分としてラウリル硫酸やラウレス硫酸などが使われています。これらの洗浄成分は泡立ちと爽快感に優れるのが特徴です。反面、頭皮に与える刺激が強いため、肌が弱い人は痒みや痛みを引き起こすこともあります。また、必要となる皮脂までも洗い流してしまい、頭皮の乾燥の原因となることもあります。敏感肌や乾燥肌の人はアルコール系シャンプーの使用は避けた方がいいでしょう。

石鹸系シャンプー

その名の通り、石鹸系シャンプーは石鹸成分を使用したシャンプーです。洗浄力は強いものの、低刺激で頭皮に優しいという性質を持っています。石鹸系シャンプーはアルカリ性なので使い始めは頭皮にゴワつきを覚えることもありますが、使い続けることでそうした感覚は落ち着いていきます。ゴワつきが気になる場合、石鹸系シャンプー専用のリンスなどを使ってみるのもいいでしょう。頭皮を清潔に保ちつつ髪の生えやすい頭皮環境を整えることができるので、石鹸系シャンプーの育毛シャンプーを使っている人は多いです。石鹸系シャンプーには液体タイプと固形タイプがあるので、好みに応じて使い分けるといいでしょう。石鹸系シャンプーもドラッグストアやスーパーマーケットで気軽に購入することが可能であり、値段も比較的リーズナブルなものが多くなっています。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸は頭皮や髪を構成する主要な成分です。アミノ酸系シャンプーはそのアミノ酸を洗浄成分、育毛成分として配合しており、育毛シャンプーとしてはもっとも広く用いられています。アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪の材料となるものなので、仮に洗い残しがあったとしても頭皮や髪に馴染みやすいという性質があります。泡立ちや洗い上がりの爽快感はアルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーには劣りますが、育毛という一点に着目すればもっとも優れたシャンプーと言えるでしょう。

育毛シャンプーの効果とは?

シャンプー選びの基準となる項目を挙げてみます。

① 肌質
人それぞれ、肌質の違いがあります。皮脂の分泌が多く脂質な人、乾燥しがちで皮膚の弱い人、フケの多い人。など、様々だと思います。
肌質それぞれに向けた育毛シャンプーがありますので、シャンプーを選ぶ時は確認をしてみるとよいでしょう。

② 洗浄力
次に洗浄力ですが、強・弱とあります。
これも、肌が弱い方はあまり強いシャンプーを使うと、肌を痛めてしまい、かえってよくない結果になりかねません。
ですから、自分に合ったものを、調べたり相談したりして選んでみるとよいでしょう。

では、その効果について、利用されている方のご意見はどんなものでしょうか?

意見として、個人差はかなりあります。
というのも、例えば同じ育毛シャンプーを使った二人がいて、片方には効果が現れず、毛片方には効果を実感できた!など、シャンプーの使用環境、生活環境や食生活にも個人差があるからです。

それをふまえて・・・ですが、
口コミなどで評価が高いのは、育毛シャンプーに含まれる成分です。
成分が多く入っていたり、より良い成分を使っているシャンプーは、効果も付いてくるようですね。
ただし、成分に比例して、お値段も高くなるかもしれませんが。

育毛シャンプーは、頭皮の毛穴の汚れをしっかり落とし、その毛穴から直接栄養分を補うことで、発毛・育毛を促進する。と言ったことから開発されており、洗浄力とその栄養素は重要と言えるでしょう。
ただし、洗浄力ばかりに気を取られてしまうと、頭皮に必要な油脂分まで洗い流しかねず、油脂分が不足すると、頭皮が乾燥して、ふけや痒みの原因となり、効果が激減する可能性もあります。
ほどよい洗浄力で、栄養が沢山入っている育毛シャンプーを選んで、とにかく、優しくマッサージしながら頭皮を洗うのが良いようです。

実際に、色々なシャンプーを試して、薄毛を解消した方の写真も拝見しましたが、見事に薄かった頭頂部が黒々としていました。
3年かけて実行して、実感をされたとの事なので、やはり継続することが一番大切かもしれません。

基本的となる、食生活の改善。しっかりとした睡眠をとる。ストレスを貯めない。こういったことを日頃から気をつけて、合わせて育毛シャンプーを使うことをお勧めします。

予断ですが、育毛シャンプーと、育毛サプリメントの併用も効果に繋がるそうなので、薬局などで色々物色してみるのも良いかもしれないですね。